日本伝統文化と麻

日本全国で生産されている麻は

年々衰退されています。

その背景には大麻法があります。

日本の伝統である麻は数々あります。

現在代表なのは、日本相撲協会で

使用されているお馴染みの横綱の綱です。

 

その綱は、白鳳横綱関が使っている綱です。

この綱は栃木県鹿沼日本麻振興会理事長大森由久氏が制作されたものです。

 さて、日本の和楽器にも麻が利用されています。

鼓や太鼓です。胴と皮と皮を紐(調緒)と言うもので編みます。

 麻の長さは成長時4m500ですが鼓の調緒も4mです。

 調緒は麻と絹の混合です。それは舞台に麻糸が散るからです。

 この他に弓道で利用されている麻弦があります。

この様に日本の麻は伝統を支えているという事になります。